長野県長野市にある西方寺のホームページ
ゆかりの地

西方寺と、ゆかりのある名所・・一山名刹巡り紹介


ゆかりのある七院・寺を紹介します。すべて長野市内にございますので、ぜひ一巡りしてみてください。


地図内1・・往生院、2・・観音寺、3・・円通院、4・・佛導寺、 
     5・・蓮心寺、6・・阿弥陀寺、7・・随勝院


長野市内の地図・・・長野駅から善光寺周辺まで
長野市内の地図・・長野駅南側、若里周辺
長野市内の地図・・長野IC、川中島古戦場周辺


■往生院(安楽山往生院得行寺) (権堂町)

善光寺七院の一つ。正治元年(1199)に浄土宗宗祖の法然上人が往生院(元の西方寺)とした。
 建久八年(1197) 源頼朝公、善光寺参詣の折、源平の乱後荒廃した善光寺再建を願い、当往生院(旧西方寺)に善光寺如来を御遷座。当院が善光寺の権堂(仮堂)となり、その後当院は権堂と呼ばれるようになり、町の名も権堂町と呼ばれるようになった。
かつて蓮池があり蓮地山(庵)ともいい、古来より長野県最古の弁財天で有名。善光寺七福神の一つ。
 本尊は法然上人木像。





■観音寺(明助山普門院) (中御所)

寿永二年(1182)年、源義仲追討と建久八年(1197)源頼朝公、善光寺佛参の折り当所に逗留し、漆田出羽ノ守元春に、自らの御守仏髻馬頭観音(六分五里)智證大師御作ニ位禅尼政子の御持仏の厄除観音(一寸一分)のニ躰を託した。
 この観音像は源頼朝三才の時に病気になり清水観世音に祈願したので夢中で観音霊像が枕もとに現れ病気平癒し、片時も頼朝の髻から離れず守って勝利を得た。
 元春、草庵を建立し翌九年念阿上人開創。嘉歴三年(1328)漆田飛田ノ守三郎元隆、沙門に入り圓碩坊と号し開基す。
棟札による当時の地名は信州水内郡柳原庄芋井郷若月里中御所村と記録しあり。御本尊は観音像ニ体と聖徳太子御作火防地蔵菩薩(五寸)阿弥陀如来立像(二尺一寸)を安置する。境内に漆田一族の古墓が現存する。



■円通院 (栗田)

戸隠寺大別当職の栗田氏城廊内の持佛堂であったが、上杉氏と共に栗田氏が会津へ移り堂も荒廃したので西方寺九世単譽雲秀上人徒弟法譽達現和尚が再興した。本尊は、栗田氏の持仏の髻如意輪観音像(一寸三分)金銅体内佛ち如意輪観音像である。




■佛導寺(熊谷山一條院佛導寺) (若里市村)

「平家物語」歌舞伎「熊谷陣屋」で知られる熊谷次郎直實蓮生法師が、文治四年(1188)に善光寺に参籠した時、二女の玉鶴姫も善光寺へ向かった。が、川中島の綱島で病にたおれ、川辺に倒れ伏していた所に善光寺如来が老翁となって現れ、船の綱を曳いて向こう岸に渡した。
 紫雲を見て熊谷入道蓮生法師は市村の里へ行き、玉鶴姫(妙蓮尼)と会ったが親子名のれず、姫は大往生したので、蓮生法師は墓(善光寺七塚の一つ姫塚)を建て、近くに佛導寺を建立。
 牛に引かれて善光寺参りの話は、長篠の合戦で討ち死にした小形直秀の未亡人スミが佛導寺の前の「さらし井」の池で洗っていた布が善光寺へ行ったという話に由来しています。



■蓮心寺(一行山朝日院蓮心寺) (若里荒木)

浄土宗宗祖法然上人の弟子である朝日入道蓮心坊興隆が、建久六年(1195)2月25日に創建した。北国街道に面し、現在の善光寺造営の時に裾花川から犀川へ造営用の木材が流れ込もうとした時に、当時の阿弥陀如来が風を吹かせて木材の流出を防いだ史実から、当山の本尊阿弥陀如来は風吹如来と呼ばれている。木材を引き上げた所に木留神社が隣接する。




■阿弥陀寺(朝日山阿弥陀寺) (平柴)

本尊阿弥陀如来は、弘法大師が善光寺参籠の折、如来を感得し、弘仁三年八日に当地に足を留めて彫刻したと伝えられている石仏様です。古来旭山は善光寺領で、明治二十年代には大本願副住職勧修寺勇心上人持「朝日山阿弥陀堂」と記録された堂宇がありました。
ここの梵鐘は後に童謡「夕焼け小焼け」の作曲者で長野市に生誕した草川信氏が「・・・中村さんのこの歌詞への作曲をします時、善光寺や阿弥陀堂の鐘が耳の底にかすかに鳴っておりました。・・・」(春秋社刊、世界音楽全集、第十一巻、日本童謡社)と記載されたものです。
 昭和61年に「朝日山阿弥陀寺」と改名しました。





■随勝院 (西町)

 

西方寺門前の善光寺七池の横にある。西方寺塔中にある随勝院(間口五間、奥行六間。西方寺が善光寺仮本堂の時に大勧進の役所となったと伝える)は安永二年(1773)に火災にあい、文政五年(1822)に西方寺の僧、清譽が荒木村吹上大石燈建立の時にそこへ移転する願いがあった。しかし西方寺末の報恩寺本堂随勝院を新たに建立し、常夜灯、高灯籠が合わせて建立された。



 このページの上へ

 ◆ 西方寺で修行をしませんか?
西方寺の沿革 昔、西方寺が善光寺仮本堂だった話 西方寺の記念事業 西方寺本堂内の品々 小林一茶と西方寺 川中島合戦その後 長野県と西方寺 門戸開放 墓地分譲 永代供養墓のご案内 ゆかりの地めぐり

長野県長野市西町1019  西方寺 TEL:026-237-2707
Copyright (C) 2007 Saihouji. All Rights Reserved